むかし、むかし。わたしのくらし

いなか×わたし=40010

無敵モード、わたしのHTL軌跡

 

f:id:kemonomichiyoushii:20210712175227j:plain

無敵モード 極彩色ハートビートをききながら

 

わたしが基準 ということ

わたしが決める ということ

どうしたい?ときいてあげること

そのままでいいよ、許すこと

きらいでいいよ、許すこと

ごきげんでいることを探して訊いてあげること

わからないことは置いといてあげること

 

2020年11月にHTLに出会ってやってきた。

劇的に世界の見え方が変わって、歯車が回り出した。

新しい創造ができて波にのっていた。

 

それから経って、2021年5月なかばにHTL卒業(?)

もうガイダンス嫌!となったので。

その後ひまひまひまーーーー

 

2021年6月は

嫌い嫌い嫌い、いやいやいや、なかまはずれ

寂しさ、怒り、嫉妬、私は選ばれる価値がない

自己否定(もはや無意識)

の波がおそってきた。

どうしようもない。

どうしたらいいのかわからない。

逃げたい。

闇のなかにいた。

 

そんなとき助けてくれたのが

音楽、詞、森、妖精という存在

これまで大事にしてくれた過去の出来事、

ひとのことば

おうちのディル

だった。

そうやって自分自身を救っていた。

 

それに並行して、

こどもたちとの田植えという

新しいコミュニティへの参加が大きな転機になった。

ように今思う。

 

7月。

怒り、寂しさ、嫉妬もふつふつ。

そして八つ当たりが爆発した。

ひとにイライラをぶつける経験を初めてする。

ネガティブなわたしに許可、

ひとに(ちゃんと関係を築きたいひと)怒りをぶつけることの許可、

そこへジャッジがなくなりつつあって

思いっきりわたしのままでいられたみたい。

 

HTLをひさびさにきく。

気分わるいままずーーっといたこと、

感情のほう、95%の世界を見てなかったことに気がつく。

そんなとき前兆をひっさびさに感じる。

前兆を信じて、選ぶ。

すると

くるくるくると現実が動き始め、

これまで気にしていたことが気にならなくなる。

嫌い嫌い、いやいや病に乗っ取られなくなる。

やりたくても、めんどくさいに負けてやってこなかったことができる。

 

気づけば、すること全てが

ごきげんになるサポートをしてくれていた。

 

全力でうたうこと

ひとと話すこと

こどもたち、友だち

川、森、ごはん

 

ヴォルテックスのなかに入る

wellbeingを感じる

 

自分と一致してけよ

 

わたしはHTLのきちんとしたメンバーではないけれど、

ハッピーちゃんと、HTLのみんなにこんなにも助けてもらった。

 

いつかどこかでばったり会って、お礼が言いたい。

 

ほんとうに、みんなありがとう。

ハッピーちゃん、ありがとう。

 

それまでは、わたしがわたしでいることで

世界にお返しができているということを

心にもって生きていきます。

 

・・・

 

そして、人生は自分で創るところにやってきた感覚。

 

いま働いているところは、

みんな親切で、ゆるりと働くことができている。

日数も週に少しだけ。

 

でも

 

やっぱり、なんか違う。

 

土日は休みたいな

日程のしばりなく、もっと自由に自分が選びたい

突然の予定でも休める仕事がいいな

もっとひとと関わりたいな

もっと全力で愛しているもののなかで働きたいな

1ミリもやりたくないことはやりたくないな

 

いままでなら望むことさえしてこなかった

あれやこれやが望めるようになった。

 

わたしの作品でお金を得たい

もっと呼吸するように働きたい

自分の気持ちがのることでお金を得たい

毎日すきな服を着たい

すてきな香りをいつもまとっていたい

凛と爽やかで清潔感、クリアでいたい

街でも、山でも、きらきらを振りまきたい

いつもごきげんでいたい

無敵モードでどんどんクリエーションしたい

 

そうしてこのいま、この瞬間、

ひさびさの無敵モードになっている。

 

ネガティブの解放が、それをバネにジャンプした。

瞬間、瞬間のインスピレーションに従って、

即行動がどんどん現実想像を加速させていく。

 

と、いうことで

近々、この世に一点ものの服をつくって販売します。

 

恐れも(そして強烈なめんどくささ)あったけど

とりあえず、もうやらないと始まらない。

 

進みます

 

 

f:id:kemonomichiyoushii:20210601204908j:plain

 

 

2016ねんの今日、6月1日

 

どきどき、不安と浮き足立つ

でも固く決めた肚で、旅支度の済んだ部屋にいた。

 

一度も行ったことのない場所へスーツケースひとつで向かう。

なにもしらない、なにもわからない。

 

だいすきで、わたしのほとんどすべてだったねこと離れてまでした決断。

 

大阪から高知のしまんとへ明日わたしは向かうんや。

 

不安がぶり返す、ぎらぎらとした決意でそれを上書きする。

 

そんなふうにしてわたしは家を出発した。

 

気づけば5年。

ここに来られたことは奇跡で、感謝。

 

抱えている課題はね、いまもまだあんまり変わらないけれど

でも、私を責めずに、いいよいいよって許せるようになったよ。

 

そうなれたことがいまはなによりも誇らしい。

 

いつかこの話をおばあちゃんになったら、ちいさい子に話すかな?

 

まだ見ぬ、ちいさい友だちに感謝を

 

 

 

美しい夕暮れの田んぼは、ご近所さんの親切とともに・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60にち経って・・ここからがスタート


f:id:kemonomichiyoushii:20210124131050j:plain

60にち後。

毎日、毎時間、感じることが流れるように変わる。

 

大きな達成感はない

いやいや、やっぱり変わってる

わたしって無敵

はぁ、この壁はまだ乗り越えられてない

 

こんなふうに掴んでも、すこし経つと変化していく気持ち。

書き留めると断定してしまうようでなかなか書けなかった。

 

終わりってことはなくて

これからきっともっとわたしを生きる精度が上がってゆく。

 

変わる、変える

じゃなくて、

重ねていく、上書き

あたらしく自分が創ったもので塗り重ねていく

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・

 

60にちめが近づいたある日から

ものすごーーーく気分が悪くてごきげんなんかむりむりむりーーーー

が続いていた。

 

 

いらいらしてもなにしても

全部にいいよって許可しても晴れない。

 

気分変えよう!おやつ食べる。変わらない。

 

なにがしたいの?

なにがいいの?自分に訊く。

それやってみよう。なにかする。変わらない。

 

実験始めたときはあーーーーんなに無敵でごきげん、

気分悪くなってもまたごきげんに戻れたのに。

 

なんでなんでなんで

 

一気にまたわたしの闇へ吸い込まれていった。

 

つづく。

 

 

 

 

ふゆのしごと

 

つめたいふゆの風が吹いたら、柿とりの時期。

つちの日をさけた日に。

f:id:kemonomichiyoushii:20201219192548j:plain

手入れされたうつくしいお茶畑

むかしむかしのくらしの先生である、ちどりさんのお茶畑。

その一角にある渋柿の木からいただく。

f:id:kemonomichiyoushii:20201219192342j:plain

先のとんがってる柿とまるっとした柿。

あたまはタケコプターにする。

へたのまわりは包丁で、ほかはピーラーで皮むき。

虫にすわれたところはとってね。

f:id:kemonomichiyoushii:20201219192429j:plain

柿をつるすのはわらではなくて、棕櫚の葉がちどりさん流。

葉の裏の筋はすーっと取って、葉をぱっちりふたつに割く。

しっかりした大きい葉はさらにふたつに割く。 

端っこに丸をつくってタケコプターをとおしてしめる。

と完成~

f:id:kemonomichiyoushii:20201219192455j:plain

朝起きて、窓をみると柿のカーテン。

宅配のひとも、柿をつるしてあるお家ですか?って。

 

わたしの家は柿をつるしてあるお家です。

ってなんかうれしいな~

3年寝かした夢。食べるまえからこの満足感。

 

生きてるな~

 

 

60にちの実験のはなし

 

60にちの実験をはじめました。

 

ソースの視点にたつ、その基準になる

 

どうなるのか見てみよう?

ということばがこころに残り、はじめてみます。

 

f:id:kemonomichiyoushii:20201121213638j:plain

 

はじめて4日目。

めきめきとわくわくが現れています。

 

わたしはどうしたい?

 

わたしが感じていること、

  それがいまこの瞬間の正解じゃ!

 

わたしが世界基準

 

わくわく!!

 

 

2020・脱穀

 

ひさしぶりにくらしのことを。

11がつ11にち 脱穀の日

f:id:kemonomichiyoushii:20201114173646j:plain

うるち米タイ米古代米に、むかしからここにある黒もち米

f:id:kemonomichiyoushii:20201114173714j:plain

 美しくてありがたくて抱きしめるまなざしでお米たちをみた。

 

縁あって我らのおともになった足ふみ脱穀機と唐箕。

f:id:kemonomichiyoushii:20201114173817j:plain

f:id:kemonomichiyoushii:20201114173746j:plain

 

お手伝いさんも来てくれて、すごくやわらかな優しい日をすごしました。

どれがメインかわからなくなるほどのおいしいものたちとの収穫祭。

タイ米の炊き込みご飯がみんな気に入ってくれたのもうれしかったな~

 

なにか行動をするたびに、わたしとわたしの周りとの違いに気がつく。

これまでは無意識に相手に合わせていたこと、寄せていたことに気がつく。

違いは違いで、どうやって進めていくのか話せることがうれしいしありがたい。

 

農をしているのではなくて、生きているというほうがしっくりきた。

 

いまは出てくる感情ひとつひとつが本当に愛おしいのです。

それは怒りであっても。

 

こうしようなんかせんでいいねんで。

いまあることがすべてで最善、っていまは言えるけど。

わたしの大切ななかまへどう伝えたらいいのかわからないけど、

絶対大丈夫。

 

 

 

 

 

 

いただきます

 

お米作り3年目。

静かな田んぼ。

 

キツツキがこんこんと木を叩く音がきこえる。

みんながあまりにも立派で美しくて、お礼がしたくて

ひとうたいしてから始める。

f:id:kemonomichiyoushii:20201011170200j:plain

静かに自然とひとつになって。

少し経つと、気がかりなこと・課題にとらわれる。

 

同じことを繰り返し長い間続けるのが苦手だから、

少しずつやることを変えながら。

 

f:id:kemonomichiyoushii:20201011170244j:plain

おともはりんごのソーダわり

いやになる前に、休憩。

f:id:kemonomichiyoushii:20201011170316j:plain

太陽のひかりであそぶ。

水の流れるおと。

ゆっくりゆっくりわたしのこころの声をきく。

 

苗床つくり、もみまき。

クリアなこころで開始、ちょっとで疲れる。

面倒くさがりなわたしはお尻をたたかれながら、

おそーくに植えつけ。

お水の管理は苦手で助けてもらう。

わさわさした中を歩いて草取り(しかも一回くらい)

そーんな手入れにも関わらず、

こんなに大きくそして食べものも与えてくれるなんて。

ありがたいな。

 

自然に寄り添う(入り込む?なかまになる?お手伝いする?)と

感謝がわいてくる。ひかりのような感謝。

そうやって純粋なありがとうのこころで頂きたいから

もう面倒くさくなってきたので

残りはまた今度刈りますとお礼して帰る。

 

こんな日がくるなんてね。

車の後ろ一杯がお米たちになる日。

f:id:kemonomichiyoushii:20201011170111j:plain

いただきます。

そういえばこの車もいただきもの。

このこのおかげで行きたいところへすすっと行ける。

ありがたいな~

 

いただきます は つながるということ

わたしとあなた

わたしと自然

わたしとうちゅう

 

ひとりでは生きていけないことを知る